なかなか治らない五十肩や四十肩を自宅で治せるストレッチがあるのをご存知でしょうか?いくつかある中でも関節痛治療の名医として知られる中川先生や東洋医学の第一人者の福辻先生が考案したストレッチが最も効果があると評判です。どちらも効果が無かった場合に全額返金保証がついていますので、もし四十肩や五十肩で悩んでいるようなら試してみてはいかがでしょうか?

五十肩を治すなら中川式ストレッチ

鞍ケ池ヘルスケア整骨院の中川卓爾院長が、頚椎椎間板ヘルニア・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚部脊椎症・変形性頚椎症などが原因の首痛や肩痛を治療するために考案した中川式ストレッチです。自宅で出来るように五十肩を治すストレッチのやり方を動画に収録し適切な治療方法を教えてくれます。

肩こりを治すなら福辻式ストレッチ

四十肩か五十肩がわからない!でも肩こりが酷くて・・という方にお勧めなのが、東洋医学の第一人者で有名なアスカ鍼灸治療院の福辻鋭記さんが開発したストレッチを試してみてはいかがでしょうか?映像を見ながら一日数分の簡単エクササイズを行うだけで、ひどい肩こりを根本的に改善することができます。

五十肩(四十肩)とは?

肩を動かしたり、腕を上げようとすると痛くて動かすことができない・・・毎日、このような症状で悩まされてはいませんか?もし、このような肩が痛む症状が見られるなら、五十肩という肩の病気を発症しているかもしれません。

五十肩は、靭帯・健・関節包などの肩の関節や関節周辺の組織が炎症や関節拘縮を発症する病気で、別名「肩関節周囲炎」とも呼ばれていて、40~50歳くらいにかけて発症しやすい病気と言われています。よく、四十肩という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、実は、四十肩と五十肩は同じで、40代に発症する肩関節周囲炎を四十肩と呼び、50代に発症する肩関節周囲炎を五十肩と呼びます。

五十肩の仕組みは、肩の関節の可動をサポートして肩をスムーズに動かす役割がある肩峰下滑液包の滑液が減少したり、関節部分を覆っている関節包が分厚くなって伸縮しなくなることで、肩が動かしにくくなり、動かそうとすると痛みを感じて動かせない関節拘縮という状態になるのです。また、カルシウムが肩関節組織の腱に沈着することで激しい痛みを発症する石灰沈着性腱炎が起こる場合もあります。

痛みが現れる範囲は、肩の関節から腕の肘辺りの間で、痛みのせいで日常生活が不便になり、服を着たり脱いだり、体の後ろの紐や帯を結んだり、髪の毛を結んだり、ぐっすりと眠ったりすることができなくなってしまうのです。五十肩を発症してしまうと、最初の約1ヶ月くらいは激しい痛み襲われて、関節拘縮によって肩の可動域も狭くなってしまいますが、肩の痛みは、少しずつ和らいでいくのが特徴です。

通常は、五十肩による肩の炎症は、時間の経過と共に自然と和らいでいくので、必然と痛みも鎮まっていき、肩の可動域も元の正常な状態にまで改善されます。中には、肩の関節拘縮が長期間残ってしまい、治すまでに結構時間を要する場合もありますが、ストレッチによって筋肉を十分にほぐしてあげれば、より早期に五十肩を治すこともできます。

五十肩にストレッチは効果がある?

五十肩は、痛みが強い時期においては、何も余計なことをせずに安静をしておくことが大事なのです。しかし、安静にしておいた方が良いとは言え、いつまでも肩を動かさずにいると関節拘縮が起こって、肩を動かしにくい状態になってしまいます。ですから、痛みがひいてきたら、関節拘縮によって狭くなった肩の可動範囲を正常な状態に戻すための運動療法が行っていく必要があるのです。

運動療法の中には、肩の可動範囲を広げる様々なストレッチを行うと良いとされています。中でも、特に有名なストレッチが、アイロンやペットボトルを使った「コッドマン体操」と呼ばれる振り子運動です。このコッドマン体操というストレッチは、机やテーブルなどに手を置いて体を支えた状態で、痛めている肩の方の腕でアイロンやペットボトルを持ちます。

そして、肩の力を抜いて前後・左右に振り子のように動かしたり、円を描くように回転させます。あと、壁を使って壁伝いに指をはい上がらせるストレッチなどもあります。このストレッチは、まず壁に向かって立ち、壁に手のひらをつけた状態にします。それができたら、指だけを動かして壁伝いに腕を少しずつ壁の上に向かってはい上がらせていき正面だけでなく、壁とは並行に並んで壁に向かって横に腕を上げて壁についた状態にで同じように腕を上に上げています。

他にも、棒やタオルを使って上下に動かしたり、体や頭の後ろにまわしたりするだけでなく、腕を頭の後ろにまわして腕を開いたり閉じたりしたり、腕を腰の後ろにまわして上下に動かしたりなどのストレッチが、五十肩に非常に有効とされているようです。もし、これらのストレッチを行うなら、いきなりストレッチを始めるよりも、入浴した直後の肩の関節部分が十分に温まった状態に行うほうが、最も効果を発揮することができます。

ストレッチで五十肩が治った体験談

ミネラルウォーターの配達の仕事をしている時、車が故障してしまいました。すぐに配達先に電話を入れ、ほとんどのお客様は後日配達することになったのですが、1件だけ今日中に必要なお客様がいたのですが、すぐに車の手配ができませんでした。

しかたなく2駅先のお店まで、1つ20kgあるボトルを2つ、徒歩で運ぶことになったのです。幸いにも時間内に配達することが出来たのですが、その日の夜から両肩に痛みがでて、手も上がらなくなりました。すぐに整体クリニックへゆくと五十肩の症状で、間接に炎症が起きていると診断されました。しかし、3か月経っても痛みが取れず、仕事もキツイ状態が続きました。

そんな時に、中川先生のストレッチを知りました。神にもすがる思いで、肩ストレッチを行うと1週間で痛みが消えました。その後、再発を防止するためにストレッチを継続しています。整体クリニックでは、電気治療と湿布治療を行ったのに、効果がなく、五十肩の痛みは自然に消えるので安心してください。と言われたのが今でも信じられません。

五十肩の原因とは?

五十肩は、50代の年齢を中心に境に発症する方が多いことから、一番の原因は「老化」と言われています。靭帯・健・関節包などの肩の関節や関節周辺の組織が老化することによって、炎症や関節拘縮を発症することで痛みを感じるようになるのです。

五十肩の症状とは?

五十肩(四十肩)の症状としては、肩の関節から腕の肘辺りにかけて痛みが現れたり、肩の可動域が狭くなって運動制限されることが挙げられます。そして、これらの症状は、運動痛と呼ばれる運動をする際に現れることが多いのです。

五十肩の治療とは?

五十肩は、症状が重く肩の痛みが強い時期の急性期と痛みがひいて症状が軽くなってきた時期の慢性期とでは、それぞれの症状に合わせた治療が行われるようになっています。まず、痛みが強い急性期の治療法から見ていくと、一般的に、痛みが激しい時は・・・